映画チャットノベライズ(笑)

映画をチャットノベライズしてます

映画『アングスト 不安』を紹介

 

 

パーソナリティの紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。メインパーソナリティ。男性。会社員。冷静なツッコみ役。たまにオネエになる。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。メインパーソナリティ。女性。会社員。映画の冒頭を紹介する。ほぼ暴走している。

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。サブパーソナリティ。男性。会社員兼侍。 日本人。刀を所持。小説まったく読まない派。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。サブパーソナリティ。女性。会社員。まじめでおっとりとしている。

萌美(もえみ)。サブパーソナリティ。妖精さん。永遠の幼女。パワフルで元気。「漢字? ひらがな? 何それ食べられるの?」

女神(めがみ)。無法地帯大阪府西成区で育った元ホームレス。現在は新興宗教団体『御母様』の幹部。

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

 映画『アングスト 不安』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20210420162354j:plain

 

あらすじ

 

 1980年にオーストリアで実際に起こった殺人鬼ベルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー。

 

 83年にオーストリアで製作され、日本では88年に「鮮血と絶叫のメロディ 引き裂かれた夜」のタイトルでレンタル用VHSとして発売された作品を2020年に劇場初公開。

 

 刑務所出所後の殺人鬼が感じる不安、プレッシャーによる異様な行動や心理状態、それらを冷酷非情で凶暴なビジュアル、斬新なカメラワークで表現。

 

 陰惨な世界観を「U・ボート」「アンダーワールド」のアーウィンレダー演じる殺人鬼のモノローグでつづっていく。

 

 音楽を元「タンジェリン・ドリーム」のクラウス・シュルツ、撮影をアカデミー短編アニメ賞を獲得した「タンゴ」やジョン・レノンミック・ジャガーなどのMVを手がけたズビグニェフ・リプチンスキが担当。

 

 監督は本作が唯一の監督作品となるジェラルド・カーグル。

 

感想

 

ゴールデンですね。美雪雪音です

ゴールデンだね。門平善照です(5月の連休のこと)

連休どうよ? 何かしてる?

いんや。特になんにも。いまだにやつ(新型ウイルス)の脅威が終わってないし。俺たちにワクチンがくるのはいつのことやらだよ

暑くなってきたし、マスクも邪魔よねー

でもしとかないと、同調圧力というやつがくるからなー

暑いときにマスクしてたら、もしやつ(新型ウイルス)がきてなかったら、異常者みたいな目で見られるわよねー。というわけで、今日の映画紹介は『アングスト 不安』です

了解でーす

えっと……あっ、ちょっと待って(ガサゴソ、メモを見ている)……んーと……この映画は……

(おや? めずらしく入りが遅いな?)

北海道の田舎からトレセン学園に入学したスペシャルウィークは、サイレントスズカに憧れを抱いていました。彼女は日本一のウマ娘になることが夢でした。時は流れ、うまぴょい伝説という謎の電波ソングは、その癖の強さに、歌が人間の脳内に侵入し……

おっおい! まてまてまてまて!! それ今回紹介する映画とぜんぜん違うだろ! 内容が真逆なやつじゃないか! はっ!? さては、映画観てねーなオメー!!(←勘がいい)

……だって、汚らしいオッサンの映画よりも、かわいいおウマさんが観たいんだもん(頬をふくらませてスネる美雪雪音【30歳】)

何言ってるの!? 俺たちはタコ焼きで雇われてるんだから、映画観ることは仕事なんだぞ! これが大人の社会なのよ! 美雪ちゃん! ちゃんと観るのよ!(エヴァミサトさんがシンジ君を説得するがごとく)

やだっ!! 絶対観ないもん!!(ガチでスネる美雪雪音【30歳】)

しょーがない子だねー。(あきらめる)じゃ、俺が映画紹介するよ。今回の映画は『アングスト 不安』。冒頭である男がいきなり老婦人を銃で撃ち殺します。数年後刑期が終わり、男は次こそは捕まらないように計画を立てていました。はたして男の目的とは? って感じかな

この映画、オッサンのアップの食事シーンで無理だったわ。(キモくて)意識が戻ったとき、私はおウマさんたちのライブ観ていたの。なぜかしら?(悪気はない)

まあこの映画、殺人鬼のドキュメンタリーみたいな形式で話が進むしね。実話を元にしているみたいだし。ちなみに美雪さんは主人公を観てどう思った?

サイコパスじゃん!

そう。主人公は映画で語ってるんだけど、生い立ちがなかなかひどいんだよね。それで他人を痛めつけて、喜びを得るってやつなんだけど、動機がよくある話なんだよ。恐らく、この映画が最初に出た1980年代だったら、こんな人間がいるんだって、はやったと思うんだけど、もうめずらしくもなんともないんだよね。みんなこの映画観て、主人公は【サイコパス】で単純にまとめちゃうと思うんだよ。情報がすぐに手に入る、ネット時代では、出すのが遅かったね

サイコパスって優秀な人が多いから、スタイリッシュな殺人とかか観られるんじゃないの?(映画は観とらんけど)

そこも問題なんだよなぁ。主人公って、人を痛めつける姿を、他人に見せたいっていう性癖があるみたいなんだけど、要領が悪くて、映画の大半が殺人に手間取る姿なんだよ。知能犯的でもなく、衝動的で、タクシーの運転手殺そうとして、気づかれて怒鳴られて、叫んで逃げちゃうぐらいだからね。殺人を犯したあと、半ケツ出して寝てたところは笑ったわ。だからサイコパスに抱く優秀なイメージがまったくない、ただ殺人をしたいだけオジサンなんだよなぁ

悪の教典』(美形で優秀なサイコパス先生が生徒たちを殺していく話)みたいな。私たちがサイコパスに抱く優秀さがないのねぇ(おウマさんを選んでよかったと思った美雪雪音【30歳】)

まあ興味ある人は観てください。それでは(その後、門平善照【30歳】がうまぴょい伝説の映像を観ることになるとは、誰が予想しただろうか?)

 

 

 

宣伝

 

――――

【新刊】『超常現象解決部! 最強の予知能力者がいる部!』好評発売中!

 

 

――――