映画チャットノベライズ(笑)

映画をチャットノベライズしてます

スレンダーマン【ノベライズ版】第1話

 

俳優の紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。映画で男側の主要人物。20歳の大学生。日本人。細身。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。映画で女側の主要人物。20歳の大学生。日本人でロングヘア。きゃしゃで胸はCカップ

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。映画で門平の親友。20歳の侍。日本人。刀を所持。ボサ髪のチョビヒゲ。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。映画で美雪の親友。20歳のお嬢様。外国人と日本人のハーフで、巨乳。体型はスマート。

萌美(もえみ)。映画で殺人鬼(悪役)の立場を取る主要人物。6歳の妖精さん。幼女。小柄で、金髪碧眼。ロングヘア。普段着は白いワンピース。

因幡 雄介(いなば ゆうすけ)。ノベライズの最後に解説を加えるライター。俳優として登場することはない。(と思う)

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 映画『スレンダーマン』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20190513151148j:plain

 

あらすじ

 

 インターネット発の都市伝説「スレンダーマン」を題材に描いたサスペンススリラー。

 

 アメリカ、マサチューセッツ州の小さな町。レン、ハリー、クロエ、ケイティの4人の高校生は、巷で囁かれる都市伝説「スレンダーマン」を呼び寄せる動画を見てしまう。それは「3度のベルとともに長身の怪人スレンダーマンが現れ、連れ去られてしまう」という内容だった。

 

 半信半疑の4人だったが、1週間後、課外活動中にケイティがこつ然と姿を消してしまう。

 

 出演は「7 WISH セブン・ウィッシュ」のジョーイ・キング、「はじまりへの旅」のアナリース・バッソ、「HOSTILE ホスティル」のハビエル・ボテット。監督は「ラストサマー3」のシルバン・ホワイト。

 

とある人気動画投稿者の逮捕【チャットノベル】

 

 美雪雪音は講義室に門平、宮本、リアナを呼び出した。


 大学の総務には、ゼミの課題をすると言ってある。


 夏で暑いので、冷房は20℃近くまで下げていた。


 カーテンを閉めて、30人は座れる室内を暗くする。

 

今日あなたたちに集まってもらったのは、真剣な議論をしたいからよ

 

 呼び出した3人は、何が始まるのかと息を飲んで私を見つめる。


 緊張した雰囲気に、誰も口を開かない。
 いや、開けない雰囲気になっているのだ。


 私はノートパソコンを操作して、とある動画サイトに接続した。
 再生ボタンをマウスでクリックすると、動画が再生される。

 

 映像に映ったのは、オッサンだった。


 白シャツに短パンと、少年のような格好をしている。
 たれた胸の筋肉に、赤子がいるようなおなか。
 足をおおっているのは、サルをほうふつさせる、膨大な毛。
 いやらしいことに、立派な胸毛が白シャツに盛り上がっている。


 自宅の庭にきた野良猫に餌をやっているようだ。


 安い煮干しを食らう猫を、幼女をめでてる気持ちでながめている。
 たまにカメラをチラ見して、はにかむ姿は彼の純粋さをあらわしているのか。

 

 映像が変わった。


 今度はオッサンがシャワーを浴びている姿が映り、「やだー、もー」と、リアナが生娘みたいな悲鳴を上げる。


 オッサンはなめまかし老いたえたいに、透明な光る水をまんべんなく皮膚に当てていく。
 美しくも、汚らわしい行為に、リアナは背中を向けてしまった。


 オッサンが股を開き、秘密の花園をお披露目する前に、私は動画の映像を停止させる。

 

――みんな、どう思う?

動画サイトの運営に通報して、アカウントを破壊してもらえよ

 

 門平が無慈悲なことを言い始めた。

 

なぜそんなことを思ったのかしら?

公然わいせつ罪でござるよ。立派な犯罪行為でござる

 

 侍は腕を組んで、両目を閉じている。
 ダメージを回復させているのかしら。


 私は鼻で笑い、

 

安心して。彼はもう警察に逮捕されてるわ。ネットニュースで【人気動画投稿者逮捕】って流れているはずよ

誰に需要があったんだよ? 人気ってつけるのはおかしくない?

ねえ。不思議だと思わない?

 

 私はツッコむ門平に背を向けて、カーテンを開ける。


 ほのかな太陽のぬくもり。
 少し寒気がして震えてしまった。

 

彼は30代。人気者になろうと思ってあんなことをしたんだろうけど、なぜ自分の裸体をさらそうと思ったの?

知らんがな。性癖じゃないの?

彼、もしかすると、妖精になろうとしてたんじゃないかしら?

かってに話を進めてるところ悪いがね。妖精どころか、犯罪者になっとるがな

 

 関西弁でツッコんでくる門平。

 

何か秘密があると思うの。私たちで調べてみない?

残念だが、ほかを当たってくれ。じゃ、帰るか

 

 門平がバッグを手に持ち、言左衛門、リアナと講義室を出ていった。


 私は情けない同級生たちに息を吐きつけ、ノートパソコンの電源を落とす。


 そのときだ。

 

えっ?

 

 鐘だ。
 どこからともなく、不気味な鐘の音が聞こえてくる。


 カーテンを素早く開け、外の景色を見下ろしてみると、移動販売しているアイスクリーム屋に、さっき出て行った3人がダッシュしていた。

 

あいつら!

 

 私は3階の講義室のガラス窓をぶち破った。
 破片が流れ星みたいにきらめいている。


 アイスを買おうと、走る女性助教授の背中に着地し、背骨を折ると、髪を手で流しつつ最後尾に並んだ。

 

 

 リアナはアイスを片手に自宅に帰っていた。


 門平と言左衛門とは別れ、美雪は警備員から逃走していた。


 大好きなバニラをなめ、

 

あま~い。幸せ~

 

 満足しつつ歩みも軽い。


 風がふいた。
 髪が揺らめき、急に周りが静かになる。


 奇妙な感覚を抱いたとき、空から黒いものが差してきた。
 影にはぴょこんと出ている猫耳と、おなかが大きい、巨大な体格の何かが落ちてくる。


 見上げた瞬間、顔に抱きつかれ、あまりのオッサン臭に意識がなくなった。