映画チャットノベライズ(笑)

映画をチャットノベライズしてます

スレンダーマン【ノベライズ版】第2話

 

俳優の紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。映画で男側の主要人物。20歳の大学生。日本人。細身。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。映画で女側の主要人物。20歳の大学生。日本人でロングヘア。きゃしゃで胸はCカップ

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。映画で門平の親友。20歳の侍。日本人。刀を所持。ボサ髪のチョビヒゲ。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。映画で美雪の親友。20歳のお嬢様。外国人と日本人のハーフで、巨乳。体型はスマート。

萌美(もえみ)。映画で殺人鬼(悪役)の立場を取る主要人物。6歳の妖精さん。幼女。小柄で、金髪碧眼。ロングヘア。普段着は白いワンピース。

因幡 雄介(いなば ゆうすけ)。ノベライズの最後に解説を加えるライター。俳優として登場することはない。(と思う)

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 映画『スレンダーマン』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20190513151148j:plain

 

あらすじ

 

 インターネット発の都市伝説「スレンダーマン」を題材に描いたサスペンススリラー。

 

 アメリカ、マサチューセッツ州の小さな町。レン、ハリー、クロエ、ケイティの4人の高校生は、巷で囁かれる都市伝説「スレンダーマン」を呼び寄せる動画を見てしまう。それは「3度のベルとともに長身の怪人スレンダーマンが現れ、連れ去られてしまう」という内容だった。

 

 半信半疑の4人だったが、1週間後、課外活動中にケイティがこつ然と姿を消してしまう。

 

 出演は「7 WISH セブン・ウィッシュ」のジョーイ・キング、「はじまりへの旅」のアナリース・バッソ、「HOSTILE ホスティル」のハビエル・ボテット。監督は「ラストサマー3」のシルバン・ホワイト。

 

女子寮に侵入した【チャットノベル】

 

 美雪は3階の講義室を歩き回っていた。


 リアナが行方不明になった。
 あれから1週間はたつ。


 講義室には、門平と言左衛門がいた。


 門平はイスに座ったまま、机に顔を伏せ、

 

ゆゆしき事態だ。紅一点がいなくなっては、俺は何を楽しみに生きればいいんだ!?

紅一点なら、私がいるわよ?

ちくしょう! どうなってるんだ! こんなオスばかりの部屋にいたら、息がつまっちまう!

すでに呼吸困難起こして幻覚見てるわよ

 

 私はツッコみつつも、冷静に考えた。

 

……あの動画っ!? 何!?

 

 動画の内容を思い出したとき、窓ガラスにヒビが入った。


 廊下に誰か立っている。


 おかげで何を思い出したのか、内容が抜けた。

 

「お前らだな!? リアナが行方不明になった原因は!」

 

 男性の声がして、再びガラスに固い物がぶつかる。
 金属バットのようだ。
 次々と窓ガラスをたたき割っていく。


 言左衛門が腰から刀を抜き、

 

誰でござるか!?

リアナのお父さん!? 待って! 私たちのせいじゃないわよ!

 

 私は必死でなだめようと声をかけた。


 しかし男性の攻撃は止まらない。

 

「ぼくのリアナたんを返せ!」

 

ぜってーお父さんじゃないぞ、あれ!

 

 門平は机の下に避難する。


 私は講義室の出入り口のドアを開けた。


 男が驚き、私に金属バットを振り下ろす。
 それを片手で受け止め、男をビンタ。
 脳振とうを起こし、男は廊下に倒れる。


 私は男に馬乗りになり、

 

正気に戻って! お父さん!


「ぶっ! ぶひっ! ぶひいっ! やめでっ!」

 

 情けようしゃなく拳で頬をぶんなぐる。


 男の口や鼻から血が飛び散るなか、門平が私を止め、

 

もうやめとけって! そいつ死ぬだろ!

 

 羽交い絞めされてしまった。


 男は陸に打ち上げられた魚のように、体をビクつかせる。


 私は立ち上がり、壁に手を置くと、

 

怖かった……殺されるかと思った……

どういう精神状態!? お前が怖いわ! 逆に!

 

 門平に言われてしまった。

 

 警察を呼ぶと、男は本当にリアナのお父さんではなく、赤の他人だったらしく、殺しても特に問題はなさそうだった。


 くわしく話を聞くと、大学からの帰り道にあらわれないので、私たちが恋人である自分からリアナを引き離したと思ったようだ。


 リアナの所在を知らない彼にはもう用はなく、私たちを殺そうとした殺人未遂の罪を加えて、無期懲役にでもしてもらうことにした。

 

 深夜。私たちはリアナがどこにいったのか探ろうと思い、彼女が借りている女子寮に潜入することにした。


 さすがお嬢さまだけあって、セキュリティーが頑丈で、侵入するのは難しい。
 しかたがないので、言左衛門にパーティー用の馬のマスクをかぶせて、刀で寮長をおどしてもらい、リアナの部屋の鍵をゲットする。


 あとは好きにしていいわよと、言左衛門に言い残すと、彼は年増な女性の寮長に、馬のマスクをかぶせて、ボディーブローで気絶させていた。


 門平君は終始、何かにおびえているようだった。


 女性寮長が気絶する寸前に言った、「おこめさん!!」という謎の単語が頭から離れない。

 

 緊張したまま、リアナの部屋に入り、机の引き出しにあった財布から、1万円を抜き取ろうとすると、そっと門平に止められる。


 電気はつけられないので、タンスから下着を盗もうとしたとき、言左衛門がノートパソコンを見つける。
 そんなものに興味はないと首を振ったが、門平がどうしてもタンスをブロックしてきたので、しかたなくノートパソコンの電源を入れた。

 

うっ……何、これ……

 

 ノートパソコンのデスクトップには、大学の論文のファイルが張られていた。
 電子メモには、レポート提出日が書かれている。
 1つ、電子ファイルを開いてみると、そこにはズラリと図や英語の文章が書かれていた。

 

なんてマジメなの……狂ってるわ

お前がな

 

 門平が驚きもせず、私にツッコんでくる。


 リアナの暗黒部分がまったく見られないので、私はすでにしらけていた。

 

うん? 誰かとチャットしてたみたいでござるな?

 

 宮本君がチャットルームを開いた。


 そこには、『クランプ』と書かれた人物がいた。

 

まさか、大統領!?

違うだろ。大統領はそんなに暇じゃないだろ

探ってみる必要がありそうね

 

 門平を押しのけて、私はクランプと名乗る人物と、チャットすることにした。


 名前はリアナにしておいたほうが、やつも油断するだろう。

 

リアナ『北の国はいつヤルの?』


クランプ『いつかヤルさ』

 

 返事はすぐにきた。

 

モノホンだわ!

絶対違うって

じゃあ、移民はいつヤルのって聞くわ!

やめときなさいって。国際問題でしょ。それ

 

 門平がしぶい顔をする。

 

クランプ『君はリアナではないな?』

 

 見抜かれた。


 正直に答えるしかない。
 情報を引き出すためだ。

 

リアナ『よくわかったわね。そうよ。私はリアナの下着を盗みにきただけ』


クランプ『ごまかすな。彼女がどこに行ったのか、知りたいんだろう?』


リアナ『いいえ。私は彼女のお金と下着に興味がある』


クランプ『いいだろう。彼女を連れ去った者を教えよう』

 

 クランプが私の網にかかった。

 

バカね! 引っかかりやがったわ!

うそだろおい! なんで引っかかるの!?

 

 門平が私のすごさに驚く。

 

静かにするでござる。周りが起きてしまうでござろう

 

 リアナのブラジャーをかぶった言左衛門が、真剣な表情で私をしかる。

 


 うふふ。クマちゃんみたい。

 


 言左衛門の頭から盛り上がった、下着の胸の形を見て、門平が口を引きつらせていた。

 

クランプ『やつの名前は萌美』

 

 クランプが延々とチャットで何かを語っていたが、私と門平は言左衛門にくぎ付けだった。