映画チャットノベライズ(笑)

兼業ライターが映画を初心者向けにチャットノベライズ(笑)してます。

映画『アンフレンデッド ダークウェブ』を紹介

 

 

パーソナリティの紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。メインパーソナリティ。男性。20歳の大学生。冷静なツッコみ役。たまにオネエになる。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。メインパーソナリティ。女性。20歳の大学生。映画の冒頭を紹介する。ほぼ暴走している。

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。サブパーソナリティ。男性。20歳の侍。 日本人。刀を所持。ボサ髪のチョビヒゲ。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。サブパーソナリティ。女性。20歳のお嬢様。まじめでおっとりとしている。

萌美(もえみ)。サブパーソナリティ。6歳の妖精さん。幼女。 小柄で、金髪碧眼。ロングヘア。普段着は白いワンピース。

因幡 雄介(いなば ゆうすけ)。大学生たちをたこ焼きで雇っている人。たまに備考で出てくる。

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

 映画『アンフレンデッド ダークウェブ』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20200422090604j:plain

 

あらすじ

 

 全編がパソコンの画面上で展開する異色のホラー作品として話題となった「アンフレンデッド」の続編。

 

パラノーマル・アクティビティ」など数々のホラー/スリラー作品をヒットさせてきたジェイソン・ブラムと、同じくPC上で物語が展開する「search サーチ」も手がけたティムール・ベクマンベトフが、前作から続いてプロデュース。

 

呪怨」のハリウッドリメイク版「THE JUON 呪怨」のスティーブン・サスコ監督がメガホンをとった。

 

 手に入れた中古のパソコンでソーシャルメディアにアクセスしたマタイアスは、そこに表示された以前の所有者と思われる「Norah」というアカウント名を、自分のアカウントに書き換えて使い始める。

 

 すると、PC内に、監禁された女性を映した動画など、おぞましいファイルの数々が保存されている隠しフォルダ発見。

 

 その時、見知らぬアカウントから「俺のPCを返せ。さもないとお前たちは死ぬ」というメッセージが届き……。

 

感想

 

復活ちまちた。てへ。美雪雪音でーす

蘇りまちた。門平善照です

どうやら私たち、全員死んでたようね。それを妖精さんが復活させたとか

記憶がぜんぜんないね。俺たちなんで死んだのかしら? 新型のやつ?

理由を因幡さんに聞いたら、『知らなくていいこともあるんだよ』って。すごい気色の悪い笑顔で言われたから、あれ以上聞けなかったんだけど

まあ知らなくてよかったんじゃないの? こうしていつもの日常が戻ったわけだし

もしさ。もし、私たちは世界を救うために戦って、敵と同士打ちとかになったとか? そしたらすごいことじゃん?

まさかー。もしかしたら仲間内に殺人鬼がいて、ラストで因幡さんが殺人鬼をやっつけたってオチじゃないのー。(←9割り当てる)

あはははは。そんなわけないじゃん。私たちは強い絆で結ばれてるのよー。と、いうわけで、今回ご紹介する映画は『アンフレンデッド ダークウェブ』です

前作『アンフレンデッド』の続編です。続編と言ってますが、前作との関連性はないです。パソコンでのコミュニケーションという設定をパクっただけの別物ですな

冒頭。主人公のマタイアスが、パソコンのログイン画面でパスワードを入力しています。いろんなものをためした結果、「?」が正しいパスワードでした。ノラというパソコンの本来の所有者が表示されます。マタイアスは、パソコンをネットカフェから盗んできたのでした

オチですべての謎が解けるんだけど、このログインがうまくいかなかったらどうするんだろうね? 話進まなくね? っと思った視聴者がいるはず(ズバリ)

マタイアスには彼女がいましたが、聴覚障害のため、コミュニケーションに難がありました。手話の勉強をしたり、彼女の唇を読んだりと努力はしていますが、あまりの難解さについていけませんでした。そこでマタイアスは言語を文字変換するソフトを開発し、動作させるために、高性能なパソコンがほしかったのです

障害者と付き合うことの難しさを知るところだね。恋人ならなおさら

マタイアスは5人の友人たちと、パソコンのスカイプで会話します。その途中、エリカという人物から通信があり、ノラが恋人のパソコンを使って、自分のパソコンを返せと言ってきていることを知ります。あわてたマタイアスはパソコンを返そうとしますが、カロンと名乗る人物から『1000万ドル』を入金したと連絡が入ります。言葉はさらに続き、『頭蓋骨に穴をあける穿孔術を希望。中に注入して見せろ』、と・・・

ここでマタイアスたちはダークウェブっていう、インターネットの闇取引の場を知るんだけど、マタイアスが罪悪感からごまかしまくるから、さらに事態が悪化していくんだね。ちょいちょい恋人ともネットでけんかするし。もうインターネット閉じて寝とけって思ったね(主人公が超パニくってる姿は必見)

ふー。この物語のオチさ。あんなことってあると思う?

前作は悪霊だったけど、今回は人間が怖いって話だからね。世界中とつながれば、ああいうこともあるかもしれないね。同じ思考の持ち主が集まるってことがね

人間って変に不完全なところがあるわよねー。(スタジオの窓を開ける)暑くなってきたわ。ねえ。久しぶりにみんなと集まって、何か食べない?

いいっすね。店も開いてるみたいだし、何か食べにいくか。割り勘で。因幡さんは呼ぶかい?

別にいいわよ。ほっときましょ。同じ年齢のほうが気楽だし

そだな

よしっ! レッツゴー!(晴れ晴れとした笑顔を浮かべる)

(半分体を出し、彼らを見つめ、殺意の波動を出している)