だらだらとした映画語り【チャット】

映画をチャットにして語っています

【ざっくり映画紹介】『プラットフォーム』【その3ムキムキチワワ】

 

*注意! このざっくり劇場は映画のストーリーにそっていますが、コメディ調で映画本編との乖離があります。

 

 

 

俳優の紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)・・・男子高校生

美雪 雪音(みゆき ゆきね)・・・女子高校生

ベルシュタイン・・・女子留学生

萌美(もえみ)・・・妖精さん

女神(めがみ)・・・宗教団体『御母様』幹部

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 映画ざっくり劇場

 

*注意:このざっくり劇場は過去に記事にした『プラットフォーム』という映画をざっくり紹介しており、本編と内容は乖離があります。

 

ベルシュタイン「なんでみんな食べてしまいますのぉ~」(泣)

 

 ベルシュタインが食事に『ベルの素』という猛毒を仕込んだことにより、下の階の人間は全滅してしまった。

 

 また補充要員が入れられるみたいだが。

 

門平「何層あるんだここは?」

 

ベルシュタイン「200層はありますわよ。はあ~」(体育座り)

 

美雪「言ったでしょ? ここにはクズしかいないって。私がなんでここにきたかわかる?」(縄で体を縛られ正座させられている)

 

門平「なんでなんだ?」

 

美雪「ラーメンが食べたいからよ! だけどね! いつも一番上の第1層のやつが全部食べてるの! 明らかだわ!」(鼻水と涙を流して泣く)

 

門平「近所のラーメン屋行けよ。泣くまでのことか?」

 

萌美「兄貴に、姉貴! わしゃなんでもくえればええけぇのぉ! なんでここにきたのかは記憶にないんじゃ! がははっ!」(ベルの素の猛毒の影響で、ムキムキのオッサンになり、妖精の服が破けて肌黒い筋肉が見えている)

 

門平「なんで広島弁? 極道かよ」(萌美のかわいさが消えて癒やしがなくなっている)

 

美雪「私の肉体は食べ物であり、私の血は飲み物である」(ちょっとカッコいいこと言ってみた)

 

萌美「えっ? 姉貴? 食ってええんか?」(ごきゅり)

 

美雪「あっ、いや、冗談よ萌美ちゃん。アーメン」(後悔した)

 

 1ヶ月後、今度は『第6層』になる。

 

門平「なあ」(ベルシュタインのとなりに移動)

 

ベルシュタイン「何よ?」

 

門平「下におりないか?」

 

ベルシュタイン「どういう意味?」

 

門平「下に降りながら、食べ物をみんなに分け与えるんだ。使える物を武器にして」

 

ベルシュタイン「なんで急にそんな聖人みたいなことを」

 

門平「見ろ」

 

美雪「ぐごー! うしゃしゃしゃしゃしゃ!!」(体を縛られながら寝ている)

 

萌美「…………」(目を開けたまま寝ている)

 

門平「萌美ちゃんがムキムキのまま戻らない。美雪を見ている目が、どう考えても、『餌』を見ている目だ。このままだと俺たちは食われるかもしれない。みんなに食事を与えつつ、争わず、下に降りてこの仕組みを壊すんだ」

 

ベルシュタイン「・・・そうね。私もここに来ると言ってしまった以上。出ることもできないしね」

 

門平「計算してた。たぶん250層ある」

 

ベルシュタイン「そのあとはどうするのよ?」

 

門平「台に乗ったまま上にあがればいい」

 

ベルシュタイン「なるほど。のりましたわ!」

 

 次の日。

 

門平「ほら。これで自由に動けるだろ?」(美雪の縄をといてやる)

 

美雪「どうしたの? ラーメン食べさせてくれるの?」

 

門平「いや、それは近所のラーメン屋にいけ」(ベッドを解体して武器の棒を作る)

 

萌美「姉貴、これからどうするんじゃ?」(まだムキムキのまま)

 

ベルシュタイン「――下に行きますのよ」(頭にハチマキをして戦闘モードになる)

 

――――