映画チャットノベライズ(笑)

兼業ライターが映画を初心者向けにチャットノベライズ(笑)してます。

【重要】このブログについて【初見者必読】

f:id:inaba20151011:20191007172955j:plain

 

このブログについて

 

 このブログは、小説投稿サイトに投稿していた『お前たちに『映画』をゆる~く語ろう』と『誰も映画を観てくれないので、殺人鬼を幼女化してノベライズする』の2つをまとめたものです。

 

 作者のプロフィ―ルの詳細については『小説制作所』にてお願いいたします。

 

 お問い合わせについても『小説制作所』にございます。

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

 

映画文字ラジオ

・チャットノベル形式で映画を紹介しています。

・小説制作所で制作した同人誌を紹介しています。

 

・画像の出典

タイトル:[ジュエルセイバーFREE]
URL:[http://www.jewel-s.jp/]

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 

映画ノベライズ(笑)

・映画をギャグ小説化し紹介しています。

・チャットノベル形式です。

・二次創作ではなく、私の創作キャラで作ったオリジナルとなります。

・4話のみの構成となります。

・映画をあまり観ない方を対象にしています。

・独特な世界観に混乱することがあります。

・映画のシーンをかいつまんでますので、わからない方は実際の映画を観てみましょう。

 

・画像の出典

タイトル:[ジュエルセイバーFREE]
URL:[http://www.jewel-s.jp/]

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 

映画コラム

・映画の概要を簡単に紹介しています。

・小説制作所ブログに移動します。

・予告映像あり。

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

 

小説制作所

・メインのブログになります。

・お問い合わせはこちらでお願いいたします。

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

 

おしながき(新作案内)

・小説制作所で制作した同人誌を紹介しています。

・商業出版された書籍を紹介しています。

 

inaba20170119.hatenadiary.jp

 

 

 

フラットライナーズ【ノベライズ版】第2話

 

俳優の紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。映画で男側の主要人物。20歳の大学生。日本人。細身。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。映画で女側の主要人物。20歳の大学生。日本人でロングヘア。きゃしゃで胸はCカップ

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。映画で門平の親友。20歳の侍。日本人。刀を所持。ボサ髪のチョビヒゲ。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。映画で美雪の親友。20歳のお嬢様。外国人と日本人のハーフで、巨乳。体型はスマート。

萌美(もえみ)。映画で殺人鬼(悪役)の立場を取る主要人物。6歳の妖精さん。幼女。小柄で、金髪碧眼。ロングヘア。普段着は白いワンピース。

因幡 雄介(いなば ゆうすけ)。ノベライズの最後に解説を加えるライター。俳優として登場することはない。(と思う)

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 映画『フラットライナーズ』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20180610214725j:plain

 

あらすじ

 

 1990年に製作され、ジュリア・ロバーツら当時の若手スターが臨死体験に挑んだ医大生を演じた同名サスペンスホラーを、「JUNO ジュノ」「X-MEN:フューチャー&パスト」のエレン・ペイジ主演でリメイク。

 

 「人は死んだらどうなるのか?」ということに興味を抱いた医学生のコートニーは、自らが実験台となり心臓を止めて1分後に蘇生させる臨死実験の協力を仲間に持ちかける。

 

 死後の世界を体験して生き返ったコートニーは、一度読んだ医学書を細部まで記憶するなど超常的な能力を発揮。覚醒した彼女を見た仲間たちは競って実験台となり、心臓の停止時間を徐々に延ばしていくが……。

 

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のディエゴ・ルナをはじめとする人気若手俳優陣のほか、オリジナル版で医学生を演じたキーファー・サザーランド医大の教授役として出演。監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレブ。

 

その肉体はとても激しい【チャットノベル】

 

 門平は大学の講義室で、自然エネルギーの授業を受けていた。


 クチャクチャと、ガムをかんでいるやつがいる。
 だけど誰も注意しない。
 いや、できないのだ。


 そいつはスカートをはいて、ムキムキな股間とでかい下着をみんなに見せつけ、両足を机に置いていた。
 普段は態度の悪い学生を注意する教授も、おびえて何も言えないようだ。
 ライオンのように髪をボサボサにし、背丈は三メートル以上はある。
 太すぎる肉体を持つそいつは、性別男ではない。


 女なのだ。


 野太い腕を広げ机にもたれ、膨らみのあった乳房は脂肪から硬い筋肉に変わる。


 これがあの、美雪雪音だと誰が思うだろう。

 

「えっええ~と。地中から取り出した水蒸気でタービンを回し、エネルギーに変換する技術をなんて言うか……」

 

おろかものがっ!!


「ひいっ! すみませんっ!」

 

地熱発電だろうが


「せっ正解~」

 

 教授がビクつきながら○を作った。


 この筋肉女、頭までは筋肉に支配されていないのだ。
 教授の出す課題を百点満点で返してくる。
 リポートも完璧。マッチョイコール頭悪そうというイメージを覆した。


 美雪がこうなったのは、あの賞味期限切れのカップラーメンを食べたあとだ。
 突然肉体がモリモリ盛り上がり、メスからオスへと変貌した。
 リアナが「いやああああっ! ハ○クに変身してるのよっ!!」と、興奮しまくっていた。


 マッチョの怪人となった美雪は、「ふぅ。眠いぜ」と言って、自宅に帰っていく。
 ポカンと見送って、夢かと思っていたら、きつい現実が待っていた。


 大学の食堂で、美雪はどこからか牛一頭の丸焼きを皿にのせ、肉を食いちぎっている。


 俺、言左衛門、リアナは、一緒のテーブルに座っているものの、自分たちの食事に手をのばすことができなかった。
 牛の腸をすする彼女を見ていると、おなかいっぱいである。


 リアナが胸の前で両手をにぎり、

 

美雪ちゃん。私、賞味期限切れのカップラーメンを食べるわ

はっ!?

私、ママにトレジャーハンターになれって言われてるの! 肉体俳優にならなきゃいけないのよ!

おかしいおかしい! いやっ! 君じゃなくってママがっ!

 

 ミスコンの優勝者がマッチョな男性に性転換したいと言ってるようなものだ。
 損失が激しすぎる。


 君は今のままで十分だ!

 

拙者もしたいでござる

かってにしろよ!

えっ? 門平君? 拙者には冷たい……

 

 指をくわえる言左衛門を無視して、必死でリアナを説得した。
 その巨乳を失うのは、人類の発展を阻害してしまう。


 君は美雪みたいな平凡な女じゃないんだ!


 美雪が立ち上がり、俺の腕をつかみ、

 

貴様が決めることではない! 動物とて生まれてから数日で自立できるのだ! このたわけがっ!

はげしぃぃぃぃっ!

 

 腕を逆方向に折り曲げられた。


 人間と動物は違うだろというツッコみは怖くてできない。
 説得失敗。


 リアナは大学の地下二階で賞味期限切れのラーメンを食べ、おぞましい怪物へと変貌してしまった。


 言左衛門もカップラーメンを食べ、全身から毛が生えてゴリラになった。


 俺は地下から逃げだそうとしたが、三人の怪物に捕まり、おもちゃのようにもてあそばれたあと、美雪の住む賃貸マンションに連れていかれる。


 美雪は壁を拳で破壊し、住んでいた格闘家たちと戦い始める。
 背中の筋肉が『おたふく』の顔をしていた。
 酒をグビグビ飲み、液体をたれ流しながら、臭い息を吐いた。


 言左衛門とリアナも暴れ、マンションの壁は穴だらけとなった。


 俺は彼らに捕らわれているふりをし、助けを呼び続けるが、警察がきたので黙って逃げ出した。
 パトカーが空中で回転し、銃声と悲鳴が空に上がる。


 俺は両手で耳をふさいで、闇の中に身を隠していった。

 

 

 美雪は「ぐごっ!」と鼻息を鳴らして起きた。


 アルコールが足りない。


 寒いと思ったら、廃虚と化したマンションで寝ていた。

 

門平! 酒だ!

 

 唐変木からの返事がない。


 歯をギリッとかみしめ、立ち上がる。


 天井からコンクリートが落ちてきて、床に穴があいている。


 ったく誰だ? こんな所に俺を連れてきたのは?


 イラつき、髪の毛をゴシゴシ手でかきながら、はだしで廃虚を歩き回る。
 風が髪の毛をそよがせる。


 端に、冷蔵庫が置いてあった。

 

あん?

 

 座り込んで、冷蔵庫を見る。
 ワンドアタイプのやつで、冷凍庫がない。
 開けてみると、一個だけ、小さな何かが置いてある。


 プリンだ。


 カラメルソースを見ればわかる。


 冷風のせいか、背中がぶるっと震える。

 

こいつは……まさか!

萌美のプッチンプリン食べたでしょ!

なっ!? ぐわぁ!?

 

 すさまじい力でぶっ飛ばされ、闇へと吸い込まれた。


 身体が回転し目に映ったものは、私の妹。萌美。
 涙目で私をにらんでいる。


 息つく間もなく、マンションの一階まで落下。

 

ぐはっ!

 

 全身に痛みが入り、アスファルト舗装がヘコんだ。


 萌美はぷくっと頬をふくらませて、私を見下ろしている。
 かわいらしさに頬がゆるむ。

 

……違うの……コンビニ限定だったから……つい食してしまったの

 

 虫の息で言い訳を述べる。


 光景がグワンと揺れた。
 そのまま意識を失った。