映画チャットノベライズ(笑)

映画をチャットノベライズしてます

死霊館【ノベライズ版】第3話

 

俳優の紹介

 

門平 善照(かどひら よしてる)。映画で男側の主要人物。20歳の大学生。日本人。細身。

美雪 雪音(みゆき ゆきね)。映画で女側の主要人物。20歳の大学生。日本人でロングヘア。きゃしゃで胸はCカップ

宮本 言左衛門(みやもと ごんざえもん)。映画で門平の親友。20歳の侍。日本人。刀を所持。ボサ髪のチョビヒゲ。

リアナ 恵子(りあな けいこ)。映画で美雪の親友。20歳のお嬢様。外国人と日本人のハーフで、巨乳。体型はスマート。

萌美(もえみ)。映画で殺人鬼(悪役)の立場を取る主要人物。6歳の妖精さん。幼女。小柄で、金髪碧眼。ロングヘア。普段着は白いワンピース。

因幡 雄介(いなば ゆうすけ)。ノベライズの最後に解説を加えるライター。俳優として登場することはない。(と思う)

 

今回の作品紹介

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

inaba20151011.hatenablog.jp

 

 映画『死霊館』を紹介

 

f:id:inaba20151011:20180831104113j:plain

 

あらすじ

 

「ソウ」インシディアス」のジェームズ・ワン監督が実話をベースに描き、全米ではR指定ながらも興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録したホラー。

 

 1971年、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に、両親と5人の娘たちが引っ越してくる。古ぼけてはいるが広々とした夢のマイホームに沸き立つ一家だったが、奇妙な現象が次々と発生。娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求める。

 

 夫妻が周囲の土地を調べると、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになり、夫妻は一家を救おうと館に巣食う邪悪なものに立ち向かうが……。

 

 ウォーレン夫妻にパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが扮する。

 

異世界転生して魔法少女になりたいかい?【チャットノベル】

 

 

 証拠を集めるために、地下室を調べてみる。


 リアナが日記を見つけた。


 俺と美雪は机に置き、

 

何が書いてあるんだろうな

この家のあるじが書いたものだと思うわ

 

 おそるおそる、ノートを開いて、その内容を読んでみた。


 ノートを書いていたのは、萌美という家のあるじらしい。
 小説が書かれていた。


 萌美というかわいい名前だが、すでに60歳を超えていたようだ。

 


 ノートの内容は、トラックにひかれて異世界に転生した女主人公が、魔法少女となってイケメンに囲われ、ほのぼのとした堕落生活を送る内容だった。
 食っちゃ寝する毎日なので、何がおもしろいのかわからず、ノートの最後まですぐ到達してしまった。

 


 ノートの最後には、旦那に日記を読まれ、激しい離婚裁判を繰り広げたこと。


 裁判所で日記の内容を公にされ、彼女はこう叫んだ。

 

『この家に入った者は皆殺しにしてやる!』、と。

 

 美雪はパタンとノートを閉じ、

 

これが呪いの原因なのね

マジかよ!!

 

 なんか恥ずかしさで言っちゃっただけのような気がするが。


 逆ギレしたい気持ちはわかる。
 俺もネット小説で、少年が化け物に異世界転生して、動物たちと人間たちを食い殺す、メルヘンな小説を書いている。
 見られたら死にたくなる。


 リアナが口元に手をやり、

 

そういえば……

呪いの原因に思い当たるふしが?

この家のあるじは、次々とトラックにひかれているのっ!

すげえな。どんだけ異世界に送り込まれてるんだよ。軍勢だな

 

 冗談抜きで、呪いというやつが存在するのかもしれない。


 ともかく、それでは証拠にならないので、家に監視カメラと温度感知器付きデジカメを設置することにした。
 霊が出てくれば、撮影するというやつだ。


 機材は美雪が用意していた。
 こういうこともあろうかと、ちゃんと用意していたそうだ。


 あとでAV制作会社に売るつもりらしい。


 鈍いリアナでも意味に気づいたのか、美雪と鬼ごっこして遊んでいた。


 真夜中。
 ソファでうとうとしていると、喉が渇いてきた。


 リアナと美雪は遊び疲れて眠っている。


 コーヒーを飲もうと、台所に行くと、黒い影が廊下を歩いていた。


 老婆だ。


 すうっと、動きがなめらかなので、人間でないことは明らかだった。

 

『あの男がやったの』

 

 老婆はそういって、俺を誘うように手招きする。


 萌美、か?


 なぜか会ったこともないのに、そんな気がする。


 俺は誘われるように、老婆についていく。
 階段を上り、部屋に入る。


 大きなタンスがある。
 老婆が手招きしていた。


 タンスを開けると、壁に穴があいていた。
 体をもぐり込ませて、壁の中に入る。


 暗いのでスマホのライトをつけると、きらめく物が置いてあった。
 それを手に取ってみる。


 長いそれは、先端に宝石をちらばせていた。

 

 ――これは、魔法のステッキ? はっ!

 

 気配がした。
 人の息づかい。
 それを感じた瞬間、床が抜けて落ちていた。

 

ぐはっ!?

 

 二階で、床が柔らかかったから、背中から落ちても助かった。


 気配が近づいてくる。
 あわてて起き上がると、ふわりとしたスカートが見えた。

 

門平。お主もここにきたのでござるな

 

 明かりにあらわれたのは、10代ぐらいの少女だった。
 手には魔法のステッキを持っている。


 フリルのついた変わった服装から予想するに、魔法少女か?

 

本当に転生して、魔法少女になったのか!? あの日記どおりに!

 

 俺は少女を館のあるじだと勘違いした。

 

何を言っているでござる? 拙者でござる。言左衛門でござる

……はっ!?

驚くのも無理はなかろう。拙者、悪霊に殺されて、転生して、魔法少女になったでござる

 

 言左衛門だと名乗る少女は、悔しそうに眉間にシワを寄せる。


 そういえば、言左衛門を大学で見かけなかった。
 江戸時代にタイムスリップしてるものだと思っていた。

 

――なんでリアナの屋敷に?

聞いてくれるな。これは男の戦いなのだ

 

 言左衛門は背中を向ける。


 ようは、犯罪者的な何かをしようとしてたんだね。


 友が罪を犯す前に、死んでくれて良かったと、思ってしまった俺がいた。